十三参り

 
 十三参り(じゅうさんまいり)とは?
 数え年で13歳(満年齢で12歳)になった男の子と女の子が健康に育ったことを祝う伝統行事です。十三参りでは、13番目の菩薩様とされる虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りをして福徳と智恵を授かります。その歴史は古く、平安時代から始まったとされています。

 十三参りを行う時期は?
春。4月13日を中心に3~5月。一般的には、3月〜5月の春頃が十三参りの参拝時期とされています。ただしお寺によっては、1年中十三参りを受け付けているところもあります。お参り先が決まったら、十三参りの受付期間を事前に確認しておくと良いでしょう。

 早生まれの子はいつ十三参りに行くべき?
多くの子どもは小学6年生になる春、そして早生まれの子どもは中学生になる春に十三参りの時期を迎えます。早生まれの場合も満年齢のお子さんに合わせて、小学6年生になる春にお参りするのが一般的のようです。

十三参りでは、紋付羽織袴、振袖を正装として着用します。

十三参り衣裳レンタル(2泊3日)
十三参り衣裳(紋付羽織袴、振袖) 20,000円(税別)~

当日のへアーメイク、着付け、記念写真撮影等ご希望の方は当店にてオプションで承ります。

ご予約の流れ

[check]ご来店前に
ご来店予約をお願いいたします ゆっくりとお衣裳選びをしていただけるように電話またはメールにて来店予約をお願いしております 特に土、日、祝日はお早めにご予約ください

[check]ご来店
接客担当者がご希望をお聞きしながら衣裳のご提案をさせて頂きます あらかじめご利用日をご家族とご相談の上ご来店ください

[check]衣裳予約
お気に入りの衣裳に出会えましたら衣裳予約等承ります その際、お内金(ご契約金額の2割程度)のご準備をお願いいたします

[check]各種ご相談
ご家族衣裳、美容着付け、スタジオ撮影、ロケーション撮影などご相談下さい

[check]衣裳のお渡し、ご利用、ご返却
晴れの日を楽しくお過ごし下さい

友だち追加

アンジェリカーレのLINE公式アカウントに友だち追加してわからないことを気軽に質問してみてくださいね! 店長伊藤がお答えしますよ!